« 次期文明を展望する(その2) | トップページ | 再び人口増加社会へ »

2011年5月23日 (月)

集約工業文明の3要素

こうした視点に立つと、集約工業文明とそれに基盤をおく工業後波のおおまかなイメージが見えてきます。おそらくそれは工業前波を支えていた科学技術、市場経済制度、国際協調主義(グローバル化)の3つを大きく変えていくことになるでしょう。

その方向を大胆に見通せば、「粗放科学技術から集約科学技術へ」、「粗放市場経済から集約市場経済へ」、「無制約国際化から選択的国際化へ」という変化に集約できます。

「粗放科学技術から集約科学技術へ」とは、科学技術の本質が変わっていくことを意味します。先に述べたように、現代の科学技術は、鉱物や化石燃料を〝爆発〟させてエネルギーを獲得するという〝粗暴〟な基盤に基づいています。

 パソコンやインターネットなどのソフトな技術でさえ、爆発エネルギーが提供する電力が途絶えれば、直ちに停止してしまいます。それゆえ、次の文明を支える科学技術は、もっと緩やかに抽出できるエネルギー源に基礎をおかなければなりません。

この方向を実現するにはさまざまな対応が考えられますが、太陽光、風力、水力、地熱などのエネルギーを直接採集して集約する、より「柔らかな」自然系エネルギーへの転換が1つの方向になるでしょう。

 つまり、「宇宙エネルギーが長期的に蓄積された化石燃料などを採集・消費する」文明をさらに進展させて、「採集圏域を増やして、化石燃料などをより効率よく採集するとともに、エネルギーの集約や育成を図る」文明へと転換していくということです。

「粗放市場経済から集約市場経済へ」とは、経済構造がより進化していくことです。現在の市場主義は、グローバル市場主義の乱暴な介入に国内経済が引っかき回されたり、競争激化によって貧富の格差が拡大するなど、いわば「粗暴な市場経済」の次元に留まっています。

 おそらく工業後波を支える経済制度はこうした欠陥を是正して、国際性と国内性の調和、市場性と象徴性の調和、そして価値と効能(私的有用性)のバランスなどに配慮した、より「柔らかな」体制をめざすことになるでしょう。

「無制約国際化から選択的国際化へ」とは、国際協調主義の方向が変わっていくことを意味しています。これまでの国際主義は、一国の国境を絶対視しつつ、そのうえでどの国とも平等につきあうという、いわば「粗っぽい国際主義」でしました。

 しかし、今後はその方向が微妙に修正されていきます。先に述べたように、21世紀の地球では人口が爆発的に増加して、2020~2030年ころには食糧・資源・エネルギーが不足し、環境汚染も深刻化します。

 このため、先進国、途上国を問わず、世界各地で物資の奪い合いや環境汚染のなすり合いなど、さまざまなパニックの発生するおそれが急速に高まります。

そこで、日本もまた、従来の野放図な全面的国際化を修正し、農業国との連携や資源保有国とのタイアップなど、互いに援助しあえる国々との間で、新たな連携をめざす選択的国際化を進めることが必要になってきます。

 その意味で、日本の外交目標は「無制約国際化から選択的国際へ」と転換していかなければなりません。

|

« 次期文明を展望する(その2) | トップページ | 再び人口増加社会へ »

7章 集約工業文明へ向かって」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569535/51746914

この記事へのトラックバック一覧です: 集約工業文明の3要素:

« 次期文明を展望する(その2) | トップページ | 再び人口増加社会へ »