カテゴリー「インターミッション」の記事

2011年3月22日 (火)

しばらくお待ちください。

 このブログをチェックしていただいている皆様、ご愛読、ありがとうございます。

 親戚に被災者がおり、まだ避難所生活です。今、続きを書くゆとりがありません。

 今回の大震災について、いろいろ考えることがありますが、整理して書き込むまでには至りません。

 しばらくお待ちいただきたく、よろしくお願いします。                平享亭主人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

大地震の影響はいかがでしょうか?

東北・関東・信越と大地震があいついで発生しています。

ご愛読いただいている皆様の被害状況はいかがでしょうか?

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

当方の事務所も、落下物が散乱しており、整理におわれております。

次章を始める前に、暫らく時間をいただきます。

とりあえず、近況をお知らせします。    平享亭主人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

龍馬よりも田沼が必要!

5章に入る前に、このブログの意図をもう一度、振り返っておきましょう。序章の文頭で述べましたが、基本的なスタンスは「今の日本には、竜馬よりも田沼が必要!」ということです。そこで、もう一度、序章の要約をしておきます。

坂本龍馬の再来を望む声が高まっています。現代日本を幕末に見立てて、「平成維新」とか「第三の開国」論を主張する人も増えています。

だが、これらの意見はいずれも的外れです。なぜかといえば、現代の日本は、人口が増加から減少へ向かう時期に当っているからです。

 これに対して、幕末の日本は人口が微増から急増へと向かう時期です。これはまさに正反対の位置ということになります。

幕末期とは、西欧文明の導入で人口の増加見通しが広がり、現状維持の生活に慣れた人々も、将来に向けて明るい見通し持ち始めた時代です。

ところが、現代日本は飽和状態です。国民の多くが各々の膨らみきった生活願望をほとんど満足させ、これ以上生活水準が上昇していけば、間もなく資源不足や環境悪化を招くことを強く自覚するようになっています。

とすれば、今、求められるリーダーは、もはや成長・拡大をめざす龍馬や西郷ではありえません。従来の成長・拡大社会への愛着を振り切って、あえて飽和・濃縮社会へ向かおうとする徳川吉宗、あるいは田沼意次なのです。

長期的な歴史観からみると、21世紀の日本が向かおうとしているのは、人口増加=成長・拡大社会ではなく、人口減少=飽和・濃縮社会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

再開の前に

これまでの各章をお読みいただいて、人口波動論に関心を持っていただけたでしょうか?

3章に入る前に、関連するサイトを載せておきますので、

もし、お時間があれば、お立ち寄りいただけば幸いに思います。

   ①現代社会研究所・人口波動サイト

   ②同・人口減少社会を生きる

   ③同・濃縮社会を展望する

   ④同・平成享保

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

インターミッション

いつも「平成享保のゆくえ」をご愛読いただきまして、ありがとうございます。

数通のメールもいただき、ご感想、ご激励のお言葉に深く感謝しております。

このブログも開始以来、1ヶ月を過ぎ、序章・平成享保の時代、1章・享保時代を振り返る、2章・平成前半を確かめる、の各章を終わりました。

3章からは、いよいよ平成時代後半の展望に入っていく予定です。

そこで、その前に、数日お休みをいただき、これまでの論述を見直させていただきます。

同時に、ご愛読の皆様方に、もしご意見、ご感想があれば、できるだけ反映していきたいとも思っております。

つきましては、まことにお手数ですが、以下のコメント欄をクリックしていただき、なんなりとご記入いただければ、大変嬉しく思います。皆様からのご感想をお待ちしております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)